おにぎりダイエット やり方

おにぎりダイエットのやり方

おにぎりダイエットのやり方は決められた方法があるので、
その方法を守って行うことが大切です。

 

また、おにぎりダイエットは2段階にやり方が分かれています。

 

その段階ごとに食べても良い食材と控えるべき食材が決まっているので、
やり方に注意して行いましょう。

 

特に最初の段階は食べられるものに制限が多いですが、
次の段階になると新しく食べてもよい食材が増えていくので、
後半は少し楽にダイエットできるでしょう。

 

まず最初に食べられるのはおにぎりと野菜だけです。

 

油分としてはアマニ油を少しづつ摂るようにします。

 

サラダにかけるドレッシングやマヨネーズも控えなければならないので、
塩やポン酢など油分が無いもので味付けをしましょう。

 

そのほか、甘いものとアルコールは一切控えなければなりません。

 

この第一段階がおにぎりダイエットの中で一番厳しい時期と言えるでしょう。

 

食事ごとのおにぎりの数もおおよそ決まっています。

 

一日3回だからといって、夜にほとんど食べてしまったり
バランスの悪い食べ方をしてはいけません。

 

だいたい朝1個、昼3個、夜1〜2個を目安として食べるようにしましょう。

 

次の段階では最初のルールに従って行いつつ、鶏肉を食べられるようになります。

 

その代わり、調理法はゆでるのが基本です。

 

油を控えるのは引き続いて行うので、
調味料は飽きないよう工夫していきましょう。

 

また、この段階になるとアルコールを飲んだり
甘いものを摂るのも多少OKになります。

 

アルコールと甘いものはいずれかを少量なら撮って構いません。

 

後半の段階で食べてよいものが増えるのは、
ストレスを軽減する意味があります。

 

そのため、減量のペースはすこし落ちてしまいますが、
長い目で見ると精神的に落ち着いて、長く続けることが出来ます。