おにぎりダイエット 方法

おにぎりダイエットの法則

つんくさんが生み出したおにぎりダイエットは、
難なくチャレンジできると注目されていますが、
減量を成功させるための法則もあります。

 

1日3回の食事でおにぎりを食べるのですが、
ただそれだけではありません。

 

正確な方法を守って行うことが、
無理なく健康的に減量するポイントです。

 

おにぎりダイエットは毎日の食事を、
毎食規則正しく食べることが大切です。

 

1日2食しか食べなかったり、時間帯が大きくズレて
バラバラだったりしないようにしましょう。

 

また、おにぎりにして食べてよいお米の量は、一日2合〜2合半くらいです。

 

2合のお米を炊いてみると、思ったより多く感じるかもしれませんが、
これを3回に分けて1日で食べると意外と普通に食べれるでしょう。

 

おにぎりの中には具も入れて食べてOKです。

 

具には特に指定はありませんが、減量効果を考えたものにするのが理想的です。

 

例えば塩昆布や梅干しなどの低カロリーのものが良いです。

 

また、おにぎり以外の炭水化物は一切控えるのが
このダイエットのポイントでもあります。

 

パスタやラーメンのような麺類やパンなどは、
このダイエットが終わるまで控えなければなりません。

 

とはいえ、おにぎりだけしか食べられないわけではありません。

 

炭水化物以外のおかずはある程度食べても大丈夫です。

 

サラダのような野菜は積極的に摂りましょう。

 

特にキャベツやトマトなどはダイエットにも栄養的にも良いので
食事に取り入れていきましょう。

 

お味噌汁などもOKですが、油揚げなど油分や含まれるものはNGです。

 

お酒も糖質が含まれているので飲んではいけません。

 

お酒好きな方にとってはこれがちょっと厳しいかもしれませんね。

 

おにぎりダイエットだと栄養バランスが偏りそうで気になる人は、
サプリメントで補給するようにしてください。

 

決められていることもシンプルなので、
おにぎりダイエットなら男女ともに取り入れやすいダイエットではないでしょうか。